雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

3ナンバーは税金高いとは限らないので注意

投稿日:2014年10月30日 更新日:

3ナンバーだからという理由で税金が高いと決めつけるのは大きなまちがい。一般的に、3ナンバーの車は税金が高いというイメージがある。ナンバープレートの、地名のあとに続く2ケタか3ケタの数字の最初の数が3のものを3ナンバー、5のものを5ナンバーという。

ちなみに、排気量2000mか全長4700ミリ、全幅1700ミリ、高さ2000ミリのどちらかを超えると、3ナンバーとなる。たしかに、かつての日本では、5ナンバーと3ナンバーでは自動車税がかなりちがっていた。でも、これはあくまで昔の話。現在では、自動車税はあくまで排気量で決まるのである。

つまり、たとえ車体が大きいという理由で、3ナンバーであろうと、2000ccであれば、同じ2000ccの、5ナンバーと自動車税はおなじなのである。税金が気になるなら、ナンバーよりも排気量をチェックしよう。

諸費用込みの見積もりをとろう

普通車の場合、新車であろうと中古であろうと、おおよそ20万円から40万円。自動車取得税や自動車税、車庫証明や登録の代行費用、さらに消費税も加えると、その費用はバカにならない。車を購入するには、車の代金とは別に諸費用が必要だ。

これを頭に入れておかないと、あとがたいへん。中古車店で、フロントガラスに飾つてあるプライスポードを見て、よし、安い、予算にぴったりだなどと単純に喜んだはいいけれど、合計金額を見てビックリなんてことになってしまうのだ。中古車の場合は、車検が切れているなら車検料もさらに加算されるのである。

さらに代行費用や手数料などは、店によってかなり価格がちがう。決める前に何軒かの店をまわり、それぞれの店で見積書を出してもらうといい。

車の買取査定を上げる色々なポイント

維持費の差は排気量で違う

車を選ぶときは、目先の資金だけでなく、排気量のちがいによる維持費の差も考慮することを忘れずに。自動車税は排気量によって差があって、2000ccなら3万9500円だが、2590ccなら4万5000円、3000ccだと5万1000円で、4000ccともなると6万6500円もかかってしまうのだ。これが毎年のことなのだから、維持費の差はかなりのものだ。

車は排気量によって、走りに大きなちがいが出る。たとえば燃費ひとつとっても、排気量の大きな車ほどガソリンを食うというのが一般的。大きいほど力が出て、走りもスムーズなので、単純に考えれば、多少の価格のちがいなら排気量の大きな車のほうがいいと思ってしまいそうだが、じつは排気量のちがいは維持費にも大きく関係してくるのである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アルテッツァはボディサイズと6速MTが魅力

アルテッツァに3シリーズのようなプレミアムカーとしての、上質なフィーリングがあるかといえば、ノーだ。率直に言って、アルテッツァはあらゆる意味で質感が低い。アルテッツァとBMW3シリーズを比べると、動力 …

no image

外車の買取りをお願いするときに気をつけたい注意点

外車は、その車の専門店か、外車を多く取り扱っている販売店に持ちこむのがいちばんだ。外車を売り出す場合、査定をふつうの店に頼んではいけない。レア車の場合と同様、外車を扱っていない店の営業マンだと、外車に …

no image

グランディスの評価-ワンモーションフォルムで取りまわし性を悪化

機能とデザインの関係をはき違えているとしか思えないという意見もある、グランディス。情緒的なデザインでも高い機能性が備わっていれば良いが、グランディスでは諦めた部分がいくつかある。ひとつはスライドドア。 …

no image

高齢者に優しい車は後部座席入り口に手すりがある

最近では背の高いミニバンがはやっているが、こういうタイプは乗り降りのとき、思っている以上に負担がかかるもの。それをすこしでもラクにするには、後部座席の入り口に手すりをつけてあげるといい。高齢者といっし …

no image

トヨタがヴィッツを開発するにあたって

トヨタはヴィッツを開発するにあたって、フランス車を徹底的に研究したという。その結果、たとえばシートなどには相当お金がかかっているそうだ。実際、トヨタヴィッツのシートは、このクラスの国産車のなかで群を抜 …