雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

2万5000分の1地形図を広げて見ているだけでは分からない

投稿日:

地図を見ているだけでは、何の情報も引っ張りだせません。2万5000分の1図を広げて見ているだけでは、等高線が編模様を描いているに過ぎません。昨今、道迷いによる遭難事故が増えていますが、道迷いしたくなかったら、読図に習熟しなければいけません。地図は見るのではなく、読むのです。それが読図です。

ここで、読図に際して非常に大切なこと、真北と磁北の違いについて説明しましょう。地図の左右の辺は、その線を上(北)に延長すれば、北極点に到達するはずです。地図は上が真北になるように、作図されています。しかし、北を指すと教えられていた磁石の赤い針は、北極点を指していません。磁北と呼ばれる、西にずれた地点を指しているのです。西偏の角度は北に上がるほど大きくなり、南に下がるほど小さくなります。西へのずれを西偏と呼びます。

大菩薩峠に登るために、JR中央本線塩山駅前からパスに乗って裂石で下車。登山スタート前にコース確認のために地図を開きます。地図は北が上ですから、このとき、体が南を向いていて、無造作に地図を開いたとしたら、地図は逆さまになっていることでしょう。

正しく照合するように地図をセットすること

磁石を使って西偏を補正し、実際の地形と地形図とが、正しく照合するように地図をセットすることを、正置といいます。例えば、かの有名な大菩薩峠は、2万5000分の1図名大菩薩峠にあります。この辺りでは、磁針方位は西偏約6度20分(1985年)です。この数字は、地形図の欄外に記されています。地図を読むための約束事、使われている記号とその内容は、西偏同様、欄外に記されています。

地図を開くときは、必ず磁石を併用して地図を正置してやらなければいけません。地図は読むもの、ということがご理いただけたでしょうか?地図が読めるようになるまでには、時間がかかります。最初は何度も何度も地図を見て、しっかりと読めるようになっていきましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプサイトはきれいな砂浜

キャンプサイトは、きれいな砂浜。砂浜なら、テント設営中にマイクの遊び場もあって都合がいいだろう。カヌーに乗っている間は、食べたいだけ食べていい、それがある家のやりかただそうだ。ある家では、息子がパドル …

no image

アウトドアで子供が勉強できることはたくさんある

アウトドアでは、子供に教えられることは本当にたくさんある。キャンプファイヤーを利用して正しい火の扱いかたを教え、気をゆるめたら山や森がどうなるのか話し合った。松ぼっくりの種はいかに発芽し親木の陰で幼木 …

no image

雪は水田や牧場を別世界に変える

雪は水田や牧場を別世界に変える。まったく違った、広大な雪原となるのである。水田から続いていた周囲のスギ林などの様相も一変する。山と呼ぶほどのこともなかった、ちょっとした斜面も、高山の趣となる。 野鳥観 …

no image

日帰りハイキングの持ち物やその魅力

デイハイキングの魅力は、夕方には自宅やクルマに戻って装備の点検や食料補給ができ、加えて、コンディションのよい状況で家族が休めること。家族とはいえ、皆が血と汗のアウトドア派とは限らないから、せめて夜は快 …

no image

子供とのお出かけ-ぐずったりごねたりには何か隠れた理由がある

子どもがぐずったりごねたりには、たいてい何か隠れた理由がある。私達親はそれを見極める責任があるのだ。クルマを降りて休憩したいのだろう、と私達は考えた。そしてブライスが激しく幅吐するまで、クルマ酔いによ …