雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

2万5000分の1地形図を広げて見ているだけでは分からない

投稿日:

地図を見ているだけでは、何の情報も引っ張りだせません。2万5000分の1図を広げて見ているだけでは、等高線が編模様を描いているに過ぎません。昨今、道迷いによる遭難事故が増えていますが、道迷いしたくなかったら、読図に習熟しなければいけません。地図は見るのではなく、読むのです。それが読図です。

ここで、読図に際して非常に大切なこと、真北と磁北の違いについて説明しましょう。地図の左右の辺は、その線を上(北)に延長すれば、北極点に到達するはずです。地図は上が真北になるように、作図されています。しかし、北を指すと教えられていた磁石の赤い針は、北極点を指していません。磁北と呼ばれる、西にずれた地点を指しているのです。西偏の角度は北に上がるほど大きくなり、南に下がるほど小さくなります。西へのずれを西偏と呼びます。

大菩薩峠に登るために、JR中央本線塩山駅前からパスに乗って裂石で下車。登山スタート前にコース確認のために地図を開きます。地図は北が上ですから、このとき、体が南を向いていて、無造作に地図を開いたとしたら、地図は逆さまになっていることでしょう。

正しく照合するように地図をセットすること

磁石を使って西偏を補正し、実際の地形と地形図とが、正しく照合するように地図をセットすることを、正置といいます。例えば、かの有名な大菩薩峠は、2万5000分の1図名大菩薩峠にあります。この辺りでは、磁針方位は西偏約6度20分(1985年)です。この数字は、地形図の欄外に記されています。地図を読むための約束事、使われている記号とその内容は、西偏同様、欄外に記されています。

地図を開くときは、必ず磁石を併用して地図を正置してやらなければいけません。地図は読むもの、ということがご理いただけたでしょうか?地図が読めるようになるまでには、時間がかかります。最初は何度も何度も地図を見て、しっかりと読めるようになっていきましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

色々な動物の爪の種類

急な渓流に棲息するサンショウウオ類では、幼生時代に爪があって、それで岩などに体を固定するものが多い。アフリカツメガエルのように、後足の指先だけにある爪で泥底をかき回し、いて飛び出す水生小動物を捕食する …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …

no image

山での出来事をアルバムにまとめる

大量の画像をアップロードすると、目的の写真を探そうとする場合、大変だと思うかもしれない。しかし、写真ごとにタグやコメントをつけておくと、検索機能で、後から目的とする写真を見つけ出すことができる。撮影日 …

no image

カヌーツーリング-おすすめは慎重に慎重を重ねた気楽なプラン

カヌーツーリング。 子ども連れのツーリングには慎重に慎重を重ね、短期間の気楽なプランでスタートする。カヌーでは、なんといっても怖いのは、分不相応に野心をたぎらせている人。つまり無謀ということ。リスクの …

no image

登山でストック二本を正しく使用している人は少ない

残念ながら二本ストックを正しく使用している人は少ないようです。上手に使えば膝への負担をやわらげる効果も期待できるのですが、すでに膝等を痛め使用しなければならない人を除き、まず正しい歩行技術を学ぶべきで …